おでのこの生え際の後退を止める

生え際の後退を止めるその方法とは・・・

生え際の後退

年を重ねるごとに年々後退していくおでこの生え際・・・

はじめは「気のせいかも」なんて思っていてもやっぱりじっくり見ると後退しています・・・

では生え際の後退を止めるにはどのような方法があるのでしょうか。考えてみましょう。

生活習慣を改善する

生え際が後退する理由は複数あります。遺伝など様々ですがそのうち、生活習慣は自分自身で改善することができますよね。その点について考えてみましょう。

十分に睡眠をとる

睡眠

現代では夜には煌々と明かりが灯り、家に帰ってもテレビ、インターネットなど様々なものが我々を楽しませてくれますがそれゆえに「夜に睡眠をとる」、「規則正しい生活を送る」といったことが失われてきています。私もよくやってしまいますが布団に入ってのスマホなどもその1つですね。

睡眠中は成長ホルモンが分泌されますが、細胞に栄養を与えたり髪の毛を修復する役割を担ってくれています。成長ホルモンの分泌のためにきちんと睡眠をとりたいですね。

また、髪の毛が成長するのは夜間です。(昼間もしないことは無いようですが夜が圧倒的)成長ホルモンの分泌が盛んになるのは夜10時~午前2時といわれています。現代人は夜型になって夜12時~4時とも言われていますが、これらの時間帯には眠りについておきたいところです。

ストレスを減らす メンタルを徐々に変える

メンタル

ストレスはやはり髪の毛にも影響してきます。普段から気苦労の耐えない人は他の人と比較して薄毛の傾向が強いようです。

ストレスによって皮脂の過剰分泌や血行の悪化といった症状が表れ薄毛につながります。

よく苦労の多い人は老けて見えるといいますがストレスの多い人はハゲるともいえそうです。

なかなかストレスの根本を取り除くことは難しいかもしれませんが「細かいことは気にせず前向きな気持ちで生活していく」ことが大切でしょう。直接的な薄毛対策にはなりませんがメンタルトレーニングをしてみるのもいいかもしれません。

食生活を改善する

食事

人間は食べ物を食べて栄養を摂取するわけですから、髪の毛も当然食生活の影響を受けます。

まず髪の毛を作るのに必要な栄養素を摂取すること。髪の毛に必要な栄養素は主に「たんぱく質」と「亜鉛」です。他の栄養素も大切ですが髪の毛の材料となるのでこれらを摂取することが大切です。亜鉛はAGAの原因である5αリダクリーゼという成分を抑える要素も持っています。

他にも有効な栄養を取る

たんぱく質と亜鉛を摂取した上で

・ビオチン・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンEといったビタミン類

・L-リジン・L-アルギニン・L-ロイシン・L-メチオニン・L-バリン・L-フェニルアラニン・L-システインといったアミノ酸

・カルシウム・マグネシウムといったミネラル

を摂取するとよいといわれています。

サプリメントによく含まれているノコギリヤシもそうですね。

ただし過剰摂取は禁物。何事もバランスが必要です。

適度な運動をする

運動

ストレス解消や睡眠にもつながる適度な運動も欠かせません。ジョギングなどはしなくても簡単に続けられるウォーキングなどで体を動かしていきましょう。

定期的に運動をすることが大切です。

育毛剤を使う

生え際が気になり出したら育毛剤を使ってみる方法もあります。

様々な商品が出回っていますが、評判の良い製品をピックアップしてみました。ので参考にどうぞ。

詳しくは育毛剤のおすすめページで

AGA 専門のクリニックに通う

髪の毛のこともお医者さんに。

様々なクリニックがあるので当たり外れもありますが、発毛実績のあるクリニック、真摯に対応してくれるクリニックに通えば発毛の可能性はあります。

詳しくはAGAクリニックのページで

↑ PAGE TOP