おでのこの生え際の後退を止める

前髪全体が薄くなってきて悩んでいる人の口コミをご紹介します。

今は、頭皮のマッサージや食事の改善を行っています。

前髪をかきあげたとに、以前よりも後退しているのに気づいたのがきっかけです。

若いころはあまり気にしていなかったのですが、30歳を目前にしたときに、前髪の後退と、薄毛に悩むようになりまました。

気にすればするほど悪化しそうなのですが、なにか対策ということで必死で勉強しました。

薄毛になったり、前髪の後退は完全に防ぐことは不可能だと思っていても、普段の食事や頭皮のケアをすれば、少しでも防ぐことができることがわかりました。

食事で改善したのはタンパク質を必ず摂取することを意識するようになりました。タンパク質は体を作るのに大切な要素ですが、髪の毛もタンパク質の1つです。タンパク質をしっかり取って、なおかつ頭皮マッサージをしています。

頭皮に良い食事として、納豆と唐辛子を一緒に食べるのは効果的だということもわかりました。納豆に含まれるタンパク質と、唐辛子のカプサイシンが混ざると、若返りホルモンが活発になります。若返りホルモンが増殖すれば、以前のように毛のボリュームが増える、髪の毛が生えるなどにもつながると思います。これは過去にテレビで放送されていたことなので、再現性は高いといえるでしょう。

実際に1年ほど続けていますが、髪の毛の質は変わりました。元々細かった毛は少し太くなりました。これだけでも大きな変化です。

あとシャンプーの洗い残しはもってのほかですが、お風呂あがりに頭皮のマッサージと、指で軽く刺激を与えるツボ押しのようなものも行っています。

育毛剤などの医薬品はまだ使用していません。まず食事と普段お金をかけずにできることは、少し時間を取って意識してするように心がけでいます。

T.C

私の夫の薄毛について

私の夫は、今年で30歳になります。25歳を過ぎてから、食の好みの変化や体力の低下を感じていましたが、半年ほど前から、前髪全体の薄毛が目立ち始めました。

薄毛に気がついたのは、夫の枕カバーを洗濯しようとしていたときのことです。いつもはあまり目立たない抜け毛ですが、その日からいつもの3倍ほどの抜け毛が、枕カバーについていたのです。

もしかしたらと思った私は、夫に聞いてみました。すると、「たしかに最近おでこが広くなったような気がしていた」と言うんです。すぐに何とかしようと思った私は、まずシャンプーを変えてみようと思いました。夫はいつも石けんで洗髪していましたので、これがいけないのではないかと思い、頭皮に優しい育毛シャンプーに変えてみました。

それだけでは効果に期待できませんでしたので、頭皮マッサージも併せてやることにしました。

頭皮マッサージはその日以来、私の日課になりましたが、夫の抜け毛防止になればと思い、頑張りました。友人にこのことを話したところ、食生活も併せて見直したほうがいいと聞きましたので、ワカメを中心に、髪に良い食材を選び、バランスの良い食事に変更しました。この生活を続けて2ヶ月ほど経った日、いつもより枕カバーにつく抜け毛が少ないことに気がつきました。それからどんどん抜け毛は減っていき、今では抜け毛がほとんど無い状態を保てています。

はち

薄毛対策にシャンプーを変えてみました

私は30代後半になりますが、最近シャンプーをした後に鏡を見ていたら前髪の薄さに気づいてしまって、それでちょっとマズイぞと思って育毛対策を始めることにしました。

それでも育毛剤というのはまだ抵抗がありましたし、なにより育毛剤は高いというイメージがありましたので、まずはシャンプーから初めてみることにしました。

育毛シャンプーといっても色々なものがありましたが、実はこれも値段が結構するので驚きました。大体育毛シャンプーは3000円ほどで、普段使っているシャンプーは1000円もしないものなので、効果は高いのだろうなと思いました。

それで色々と調べてみましたが、やはり髪の毛に良い成分はもちろんのこと、化学的な原料などは無使用だったりするものが多くて、天然成分が多く配合されているものが良いと口コミがあったため、ウーマシャンプープレミアムというのを買ってみました。

馬油というのは伝統的な天然成分であり、保湿などに優れた成分として有効らしいのですが、実際に使ってみたところ洗いあがりもさっぱりとしたもので、汚れもすっきりとしたものになりました。

使ってみて二ヶ月ほど経過したところ、明らか様にシャンプー時の抜け毛が少なくなり、前髪の部分の髪の毛にコシが出てきたので、やはり良い天然成分のシャンプーは凄く効果があるんだなと思いました。

博之

仕事で抜け毛が大幅に拡大し、それに対する対策

異常なほど抜け毛が進行してしてしまったのが一時的に仕事がなくて建設現場で働いていたときであり、汗だくになること、ヘルメットをかぶることで蒸れるというのもよくなかったと思うのですが、仕事を終えて自宅に戻りすぐにシャワーを浴びるのですが、その抜け毛の量がもの凄いのです。今までの2倍以上ではないかと思います。また精神的な仕事に慣れないことへのストレスなども大きかったのかもしれません。

このままではまずいと思い、取組んだのは頭皮をよく洗うということと、マッサージを心がけました。そして生活習慣の改善という点ではアルコールを飲むと頭がとてもかゆくなることが多く、仕事柄汗をかくのでどうしてもビールを飲む量が多くなってしまうのです。頭がかゆくなると頭皮をかくので頭皮を傷つけるということがよくないとも思いました。

それでアルコールを止めて、早く寝るようにしました。仕事で汗をかくことを防ぐことはできないので、とりあえずできるだけ通気性をよくするようにヘルメットのかぶり方に注意したり、休憩のときはすぐにヘルメットを取り頭皮を乾燥させるようにしました。

そうするとシャワーのときに少し抜け毛が減ってきたと感じるようになりました。新しい仕事が見つかり、ヘルメットをかぶることも汗をかくこともなくなったので抜け毛が減り、前髪のボリュームも少しよくなったように感じています。

マロン30000

管理人のコメント

ワカメを食べれば毛が生えてくるというのは迷信だとは思いますが、食事や睡眠の習慣を改善していくのは家庭で行う薄毛の対策としては実は一番の方法なのかもしれません。

仕事で抜け毛が進んだという方もいらっしゃるように、いかにストレスを減らすのかも大切ですね。

一覧に戻る

↑ PAGE TOP