おでのこの生え際の後退を止める

ミノキシジルとは

ミノキシジルは血管を拡張する作用があり、本来は高血圧のための薬として開発されたという経緯があります。

ではなんで発毛に使われているのかというと副作用で毛が生えてくるということがわかったからです。

毛乳頭に働きかけて細胞増殖を促すので毛が生えてくるようです。

経口タイプと塗布タイプがある

ミノキシジルには口から摂取するタイプと直接塗って使うタイプがあります。

塗布

日本では大正製薬のリアップシリーズが塗布するタイプとして販売されていますね。

現在アメリカなどで売られている物はミノキシジルの濃度が5%などに達しているのに対してリアップシリーズは1%でした。

これはいきなり「一般用医薬品」として申請をして(普通は医師の扱う医療用医薬品として使ってから一般医薬品になる)認可に時間が10年以上もかかり、その間にアメリカなどでは濃度が上がっていったという経緯があります。

現在はリアップx5が登場して濃度が5%になっています。また、

2009年の改正薬事法施行により第一類医薬品に指定

されています。

経口

経口摂取するタイプのミノキシジルは現在日本では販売されていません。

となると個人輸入という形になります。

ミノキシジルタブレット、などいろんな名前の物があります。

ただし、これはあくまでも「高血圧のための薬」として売られているのであって発毛のためのものではありません。私たちがかってに発毛用途で使用しているだけなのです。

動物実験の際にミノキシジルを飲ませた犬が心臓破裂を起こしてしまったこともあるようです。

ミノキシジルの効果

リアップを発売する前に大正製薬が臨床データをとっています。

著明改善…密度の高い毛髪成長(薄くなった領域がほぼ完全に被われている。毛髪の密度は薄毛化していない領域とほぼ等しい)
中等度改善…中等度の毛髪成長(薄くなった領域が、新発毛により部分的に被われているが、薄くならなかった領域に比べると密度は低い
[容易に識別できる])
軽度改善…軽微な毛髪成長(明確な毛髪成長がみられるが、薄くなった領域をかなり被うということはない)
不変…可視的毛髪成長なし
悪化…毛髪成長の後退

といった5段階での評価ですがミノキシジル5%の長期投与における医師の評価は

著明改善が10%
中等度改善が60%
軽度改善が24%
不変が4%
悪化が2%

と効果が出ているようです。

日本皮膚科学会による評価

公益社団法人である日本皮膚科学会ガイドラインの中でも

2% 及び 3% ミノキシジルを用い,約 150 例 の男性患者を対象とした 12 週までの 3 件のランダム 化比較試験と,それに引き続いた長期投与(24 カ月)の 前後比較試験1)~3)で,2% 及び 3% ミノキシジルは,プ ラセボと比較して,1 年以上の長期投与において有意 に発毛を 促 進 さ せ,重 篤 な 副 作 用 は 生 じ な か っ た

とされています。

塗布と経口摂取

頭に塗るタイプと経口摂取するタイプでは経口摂取するタブレットを個人輸入して使う人もいるぐらいですから、傾向としてはタブレットのほうが効果があります。ただし、自己責任で副作用も大きいので十分な注意が必要です。

ミノキシジルの副作用

塗布する場合と経口摂取する場合で違いがあるのでそれぞれについて触れていきます。

塗布する場合

経口摂取よりは比較的安全だと思われます。

症状としては頭部のかゆみがあります。

ただ

市販化されたリアップの使用中に3名(1999年末の時点)が薬品との因果関係は不明としながらも循環器疾患で死亡

といったことがあったのも事実です。先ほども述べましたが2009年の改正薬事法によって第一類医薬品に指定されています。

経口摂取

ミノキシジルの副作用としてはもともと血管を拡張する薬であるので循環器に関するものが見られます。

低血圧や不整脈、動悸、むくみといった症状が表れることがあります。個人輸入でミノキシジルタブレットを摂取して髪の毛は生えてきたけど動悸で摂取を止めたという人も。

また多毛症といったケースも見られます。髪の毛だけではなく全身の毛が増えてしまいますので、髪の毛と体毛を天秤に掛けることになります。

この他、頭痛、手足のしびれ、性的不能といった点も挙げられます。

口から摂取する分効果もありますが副作用の可能性も高くなる傾向があるので摂取量を少なめにするなど様子を見ながら続けていくことが大切です。

まとめ

ミノキシジルは大半の人に何らかの発毛効果を与えますが副作用も全く無いわけではないので、経過を見ながら慎重に使っていく必要があります。

また、国内の製品は塗布のみで経口摂取したい場合は個人輸入となります。

効果は
経口摂取>塗布
ですが経口摂取の場合はあくまでも高血圧のための薬ということを念頭において自己責任で。

個人で使ってもいいですが心配な人は専門家の判断を仰ぎながら使っていったほうがよいでしょう。

ヘアメディカルなら無料カウンセリングもあるし主治医が見つかる

ヘアメディカルグループならばカウンセリングを受けたり各種検査をしながら自分に合った治療法が見つけられるかもしれません。

↓↓↓詳細はこちらから↓↓↓

↑ PAGE TOP