おでのこの生え際の後退を止める

歴史とハゲ

お城

現在では薄毛は一般的に良いイメージとして語られることはありません。

世の中の大半の人は薄毛にはなりたくないと考えているでしょう。2003年の調査によると成人男性4200万人中800万人が薄毛に悩んでいるそうです。

では、昔の人々はどうだったのでしょうか。歴史的人物の例などちょっと触れてみたいと思います。

歴史的にハゲ頭が持て囃された試しはない?

日本ではまず真っ先にお坊さんが思い浮かぶでしょうか。

ツルツルに剃りあげた頭は俗世間との関わりを断つという意味合いがあるそうです。持て囃されているわけではありませんね。

戦国時代には戦に破れた戦国武将が剃髪をして仏門に入ったこともあったようです。仏門に入るということは貴いことかもしれませんが流行的な観点からみると正直あまり良いイメージはありませんね。

また、有名な豊臣秀吉は信長から「はげねずみ」、明智光秀は「きんか頭」と呼ばれたいたようです。秀吉はともかく光秀もそんな呼ばれ方をしていたなんてなんだが意外ですね。

現代でも反省の意味で頭を丸めるとかいったケースがみられます。某アイドルのときはちょっとかわいそうな気もしましたが・・・

また、スキンヘッドに好んでする人もいるとは思いますが全体から見るとそれは小数のようです。(けしてスキンヘッドが悪いというわけではないです。)

世界的にみてみる

歴史

古代においても髪の毛にまつわるエピソードが出てきます。

有名な哲学者であるアリストテレスは抜け毛の対策としてヤギのおしっこを頭に塗っていたそうです。なんだかきたない話ですが「髪の毛は温かく湿った所に生える」と考えていたそうで、そのための対策でしょうか。

この他ローマ時代のユリウス・カエサルはどこにいるときでも月桂冠を被っても良いという決まりができたとき、ハゲを隠せると喜んだなんて話もあります。

ヨーロッパでは中世にもハゲを隠す風潮があり、ルイ13世が若くして薄毛が進行したのでカツラをつけた際、臣下もならってカツラをかぶったことから、カツラが正装になったのだとか。
主君が薄毛を隠したことから気まずくなってみんなもカツラを・・・そして正装に。なんともいえない複雑な気分です・・・

かの有名なナポレオンも薄毛だったという話があり、公衆の前ではいつも二角帽をかぶっていたという話があります。こんなカリスマを持っていた人でも髪の毛の悩みを抱えていたようです。

日本に限らず世界でも髪の毛に対する悩みを抱えている人がいたことがわかりますね。

まとめ

こうして見るとさまざまな時代で日本国内外で髪の毛に対する悩みが見えてきます。

髪は女の命なんてよく言いますが、男性にとっても環境を問わず髪の毛は大切なものであるといえそうです。

「俺は髪の毛がなくても気にしないぜ!」という人やソフトバンクの孫社長のように

髪の毛が後退しているのではない。 私が前進しているのである。 RT @kingfisher0423: 髪の毛の後退度がハゲしい。

— 孫正義 (@masason) 2013, 1月 8

なんて言えればそれはそれで素晴らしいことですが、そうでない人は髪の薄毛や抜け毛への対策をやっていきましょう。

↑ PAGE TOP