おでのこの生え際の後退を止める

頭頂部の薄毛に悩んでいる人の対策第3弾です。

家族の指摘によって気づいた頭頂部の薄毛

薄毛などの心配は全くないとばかりに思っていたのですが、家族の指摘によって気づかされました。

鏡で確認してみると、自分の頭皮とは思えない光景が広がっていたのです。しかしよくよく思い返してみると、確かに入浴中(100本以上)や起床時の枕(20本ほど)なんかには目も当てれない本数が抜けています。

正直なことを言うと、気づきたくなかったというか、現実を受け入れるのに相当の時間がかかったことは言うまでもありません。ですが、薄毛が徐々に回復しつつある現時点においては早めに気づくことができてよかったと思っている次第です。

さて、私が行っている薄毛対策は主にマッサージとツボ療法です。もちろん、育毛剤も使用していますが、あくまでも補助的な感覚です。メインはマッサージとツボなのです。やり方はいたって簡単で、テレビ番組で紹介されていたマッサージ法(もみほぐし)を実践しているだけです。それは頭皮の血行を良くし、頭皮を柔らかくする効果があるらしく、毎日入浴後に行うようにしています。

ツボに関しては足の外側にある「ふよう」と「ようほ」と呼ばれるツボを押しています。どちらも抜け毛に効果があるツボで、押すとツーンとした痛みが走ります。痛みがあるということは体に不具合がある証拠であり(あくまでも持論)、今まさに薄毛が回復しているんだという、なんとも言えない心地よさを感じたりもしています。

頭皮がスーッとする感覚もありますし、このツボ療法は間違いなく薄毛対策に役立っています。今ではすっかり習慣になっており、今後も続けていくことでしょう。

てっぺい

早めの対策が重要

何気なくしゃがんだ時、後ろに立った身内に薄毛を指摘されました。

正直、薄毛に関しては全く問題ないとばかりに思っていたので、その瞬間は何とも言えない腹立たしさに襲われたのを今でも覚えています。悲しい、ショックというような感情ではなく、ただただカーッと熱くなったのです。

実際に鏡で確認してみてはじめて何とも言えないむなしい気持ちが漂い、これはヤバいと感じるようになりました。

さて、薄毛が発症する部位は人それぞれだと思いますが、私の場合は頭頂部でした。とりわけ、つむじ周りが恐ろしいほどに薄くなっており、以来後ろに人が立つのを極度に嫌うようになりました。当時の髪の毛の長さはミディアム程度だったのですが、この長さも問題のような気もします。

思い切って短く切ってしまえば、あまり目立たなくなったかもしれません。が、薄毛のショックから、そんな勇気ある行動に出る余裕があるはずもありません。薄毛はヘアスタイルで誤魔化すことにし、とにかく地道に育毛に取り組んで聞くことを決意しました。

まず取り組んだのは入浴後の指圧マッサージ。4本の指を使って5秒ずつポイントポイントを指圧していきます。これは精神的にもリラックスできるので、おススメですよ。とても気持ちいいです。

これと並行して、育毛剤を取り入れることにしました。市販の割と安めの商品で、試験的に使ってみたのです。これが思っていた以上に効果があったのです。早めの対策も良かったのか、自然と地肌の露出度は減少していきましたよ。

育毛剤とマッサージというのは育毛を始めるうえで非常に有効だと感じました。今では後ろに人が立ってもへっちゃらです。

リボーン

管理人のコメント

ツボによる薄毛対策とはなかなか思い浮かばなかった点ですね。

実際に効果があるかどうかはわかりませんが、押していてリラックスできのならばやってみる価値はあるかもしれません。

市販の安めの育毛剤で薄毛対策になったという話はにわかには信じられませんが・・・うーんこんなこともあるんでしょうか。

↑ PAGE TOP